DISCOGRAPHY
ALBUM  SINGLE  OTHERS  BLU-RAY / DVD

GET IT HERE(1曲目 DL&Streaming) :
 


■■Streaming配信ストアLINK


GET IT HERE(2曲目LINE無料DL) :
※LINE友だち追加で無料DL出来ます。
友だち追加


SHARE :

AROMA ESSE
■4th DEGITAL SINGLE■
2021.11.11 RELEASE


01. AROMA ESSE
02. Coloring Purple People


規格番号 OFDS-6903

DL価格 ¥200(1曲目参考価格)
DL価格 ¥0(2曲目LINEにて無料DL)
※DLサイト、配信ストアにより価格変動あり。
  

Purple Fizz時代から演奏され続けている大切な楽曲。それが『AROMA ESSE』である。あのままPurple Fizzに続編が存在していたら間違いなくこの作品は次のステージの核となる存在だったに違いない。それぐらいPurple Fizzのライブの中でも異彩を放っていたからだ。ありふれた邦ロックバンドが醸し出すあの世界観とは別世界の異空間。こうした独自の音楽世界を持つことが出来る強みがビッククラブを結成するための基礎となっていくのであろう。カップリング曲の『Coloring Purple People』は新体制となったライブではすでにおなじみのバンドを代表する楽曲だ。紫を愛し、紫に染まり、紫に魅せられた人々が日本を紫に、アジアを紫に、世界を紫に染めていくのである。平和、喜び、感動、すべての感情を表す色。紫色のソラ、雲、そう。ここはムラサキ一色の夢の世界なのである。試行錯誤の森を抜けたその先に待っている未来のために・・


GET IT HERE(1曲目 DL&Streaming) :
 


■■Streaming配信ストアLINK


GET IT HERE(2曲目LINE無料DL) :
※LINE友だち追加で無料DL出来ます。
友だち追加


SHARE :

JELLY FISH&ZERO FLY
■2nd DEGITAL SINGLE■
2021.09.21 RELEASE


01. JELLY FISH&ZERO FLY
02. クラスター、ダメ、ゼッタイ


規格番号 OFDS-6902

DL価格 ¥200(1曲目参考価格)
DL価格 ¥0(2曲目LINEにて無料DL)
※DLサイト、配信ストアにより価格変動あり。
  

全てを失い何もないゼロからのスタートから思い切り大ジャンプを描く物語だ。この楽曲はかつて別名義でのMVリリースが先行していたためライブでも何度か演奏されていた、当時から期待の楽曲である。何もないゼロから広大な海へと大きく成長し羽ばたくべくクラゲの生命のように力強く壮大な作品となっている。女性ボーカルによる新境地を感じつつも生きる強さを感じてほしいダイナミックなアレンジにも注目だ。この透明な生物が動植するこの季節に実にぴったりな作品である。カップリング作品の『クラスター、ダメ、ゼッタイ』はまさに今、音楽を殺さないと言いながらフェス強行などを行うイベント会社アーティストたちに向けて警鐘を鳴らす曲目的で作られた怒りの曲である。音楽をこの先ずっと生かすためには今クラスターを作ってはいけないという必死のメッセージを世に放つバンド史上最速かつインパクトの強いメロディが融合した大作。


GET IT HERE(1曲目 DL&Streaming) :
 


■■Streaming配信ストアLINK
https://linkco.re/g6vzB92T


GET IT HERE(2曲目LINE無料DL) :
※LINE友だち追加で無料DL出来ます。
友だち追加


SHARE :

夢幻 Deepest Light
■1st DEGITAL SINGLE■
2021.08.26 RELEASE


01. 夢幻 Deepest Light 
02. 吉原ラメント 


規格番号 OFDS-6901

DL価格 ¥200(1曲目参考価格)
DL価格 ¥0(2曲目LINEにて無料DL)
※DLサイト、配信ストアにより価格変動あり。
  

第1章幕開けにふさわしい作品が生まれようとしている。どん底の底辺に沈んでしまったバンドpurple Fizzの執念をワンと鳴いてニャン!F.C.として生まれ変わったメンバー全員がしっかりと心に刻む。その進むべき希望の光は、氷河を溶かし狂敵に打ち勝つほどのエネルギーに満ちている。あらゆる困難や悲劇が襲いかかってきても夢のような無限の光が照らす限り私達も負けないしあなたも負けない。そうしたメッセージがこの楽曲には詰まっている。間違いなく今後の核となる存在になりそうだ。Purple Fizz初期に何度も奏でたあのメロディをいつまでも大切にしている姿勢も心地よく、かつてあのバンドを愛したサポーターへ「チームになっても原点となる音楽はPF時代そのものです。ただいま。」と言っているようにすら感じる。離れていった当時のサポーターも、いつでもここに「ただいま」と言い帰ってきて欲しい。そんな想いが伝わってくる。カップリング曲は今回からLINE公式アカウントへの参加でプレゼントの対象となったがプレゼントだからといって妥協は微塵もない。『吉原ラメント』は人気のボカロが楽曲として有名だが新型ロックバンドバージョンとして他バンドのカバーとは異なるアプローチで磨かれた作品だ。新人女性ボーカリスト境璃乃の彼女にしか無い魅力の歌声を武器に今後のライブのセットリストに入ってくるようだと一層幅が広がることになりそうだ。


PAGE TOP